2006年07月12日

オホーツクサイクリング  1日目ゴール 常呂町を目指せ!

7月8日(土)
サイクリストの朝は早い。
4時頃 人の動く気配で目が覚めた。

今日の工程をここで説明しておこう。

雄武→興部→紋別→コムケ湖→上湧別→湧別→サロマ→常呂
全走行距離 137,5kmとなっておりまーす。

137、5km・・・1日で・・・
なんだか 想像できない距離だ・・・
だから この時は天気だけが心配だったんだ。この時は・・・朝食の時間だ。

CIMG1350.jpg

右上にあるホタテの形のかまぼこ。
中にホタテの貝柱が入ってて、嬉しい。
「頑張れ サイクリスト」と書かれてある
お弁当の包み紙が嬉しい。

オホーツクサイクリングは競争ではない。
あらかじめ決められたグループ毎に指導員の方の指示に
従って走行する。

でも 私達はバリバリのMTB。
タイヤの細い ロードタイプの自転車の方達が
同じグループならば、とても速いので
ペースが合わず迷惑をかけるのでは・・・?という心配は
ベテランの方の話を聞いて解消された。

子供連れの人達は 指導員の方に告げ、グループの順番ではなく
早くスタートしてもよいし、安全に留意し、やむおえない場合
遅い人を抜いていくのもいいと教えてもらった。

それを聞いて安心した。
どうぞ 皆さん ご迷惑かけますが 私達を抜いてって下さいと
胸をなでおろした。

7時半、よいよ スタート!
私達は1番最初のグループに混じり 
曇り空の中、颯爽と走り始めた。

すごい勢いで アップダウンが続く。
高低さ60mの坂の洗礼を受ける。

ロードに凄いスピードで抜かされていく。
私達が同じ速さでペダルを踏んでもピューッと
軽く抜かされていく。

869名の参加のうち 先頭でスタートしたにも
かかわらず すでに 300名には抜かされただろう・・・

第1休憩ポイント 興部町役場に到着。
 
 興部の牛乳、飲むヨーグルト、チーズが振る舞われる。
 休憩ポイント毎に軽食が出されるのが 
 私の楽しみでもあった。
 飲むヨーグルト あっさりしてて 旨い!気に入ったよ!

結構 休んで元気になった。
さぁ 走る!
それから また300名に抜かされた・・・

第2休憩ポイント 紋別ホワイトビーチに到着。

 CIMG1361.jpg
 
 天気が良くなってきた。
 遠くにガリンコ号が停泊してた。
 私達が着いた頃には もうトップ集団がスタートをきっていた。
 でも 気持ち的にまだ余裕があった・・・
 少し休んで出発すればいいんだからさーって・・・
 アクエリアスとカロリーメイトを頂いた。
 
 ここまでで 48,7km走行。
 私のこれまでの最長走行距離は 50km。
 これからは 未知の世界だな~~

気持ち新たに漕ぎ出した。

第3休憩ポイント コムケ湖キャンプ場に到着。
 お楽しみの 昼食タイムだ。

CIMG1365.jpg

 大きなたらこがゴロンと入ってて旨いよ~。
 子供は結構ばててきた・・・でも まだ大丈夫!だよね・・・?
 弁当を食べ終わるとすぐに
 「最終グループの出発です」と放送がかかり
 そそくさと出発した私達。。。。
 あまり 充分休めなかったな~ぐらいにしか
 この時は感じてなかったんだ。

第4休憩ポイント 上湧別文化センターに到着。
 
 美味しいアイスがもらえた。
 この頃になると、もう 最後尾に私達はいた。
 かれこれ 800人に抜かされたということか。
 
 子供が 低い塀を乗り越えようと ジャンプすると
 へなへなと足に力が入らず、ぺシャンと転んだ。
 私も 危うくそうなりそうだった・・・・
 それほど 足が麻痺して感覚がなくなってきていたのだ。
 
 まだ 息子のアイスが半分残っている状態で
 「最終グループ 出発ですよーーー」と無情にも
 放送が入る。。。。行かなきゃ。。。

この後の上り坂がまた凄かったんだ。。。。。


                    続く・・・
posted by チャーリー at 23:04| Comment(0) | TrackBack(1) | アウトドア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

ロック歌手忌野清志郎が咽頭がん mixi(ミクシィ、ミクシー)コミュ紹介ブログ
Excerpt: livedoor ニュースロック歌手の忌野(いまわの)清志郎さん(55)が喉頭がんと診断され、12日に入院した。所属事務所が13日発表した。6月末にのどに違和感を感じ検査したところ、今月7日に喉頭がん..
Weblog: mixiコミュ紹介ブログ
Tracked: 2006-07-13 14:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。